2018年07月23日

清川まち歩き ~戊辰戦争清川口の戦い~

今から150年程前、
庄内町清川は戊辰戦争の合戦場になりました。

慶応4年4月24日朝、
村の女性が山菜取りに山に行くと、
見慣れない格好をした兵士達を見つけ、
「官軍がいる!」と大騒ぎになりました。

荘内藩総大将松平甚三郎は、
立谷沢川を挟んだ御殿林を陣地としました。

官軍は腹巻岩と蘭山を陣地とし、
御殿林を目当てに絶え間なく銃を撃ち続けました。

荘内勢も大砲小砲で応戦し、
激しい銃撃戦で、
御殿林の杉の木で銃の跡がないものはない!
と言われる程でした。

午前中は苦戦しましたが、
午後からは応援もあり逆転し、
わずか一日で荘内藩は勝利します。

これが東北の戊辰戦争の始まり、清川口の戦いでした。

戊辰戦争清川口の戦い



清川から腹巻岩を望む


古戦場 御殿林


今は散策コースになっています



若くして亡くなった官軍兵が眠る官軍墳墓


清川口の戦いから25年後、
正岡子規はここで
 「蜩も二十五年の昔かな」の句を残しました。



◆お問い合わせ
庄内町観光協会 0234-42-2922
要予約:きよかわ観光ガイドのご案内もお受けします。










  


Posted by ☆つや美☆ at 17:42Comments(0)イベント報告まち歩き庄内町小さな旅